インフォメーション Infomation

工法について 「高耐震・高気密・高断熱」 考え方に合わせ多彩な工法を提案

プランにこだわれても、完成した住まいの快適性や耐震性が低ければ、いつまでも安心して暮らすことはできません。私たちは、本格的な日本家屋にも精通した熟練の職人を揃える一方、ハイスペックの工法にもしっかり対応しています。工法はお客様のご要望や家づくりに対する考え方に応じて柔軟にご提案しています。

method_03

スーパーウォール(SW)工法

method_07

スーパーウォール工法は、当社でも扱っている工法のひとつです。従来の木造軸組の周囲を、構造用面材に硬質ウレタンフォーム(断熱材)を組み込んだパネルで覆い一体構造に。これにより高い耐震性と気密・断熱性能を実現します。

【特長1】 温度変化のない大空間を実現

家全体を断熱材ですっぽり囲むことで、1階や2階はもちろん、トイレや浴室などの各空間で温度変化の少ない間取りに仕上がります。また、吹き抜けがあっても熱効率の良い大空間を実現します。

method_11

【特長2】 耐震等級最高レベルに対応

建築基準法では「数百年に一度程度発生する大地震でも倒壊しない」耐震性を等級1としています。SW工法では、さらに大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3に対応する住まいも実現可能です。

method_13

【特長3】 壁内結露を防ぎ高耐久を実現

住まいの老朽化の最大の原因の一つが、壁の中の湿気です。そこでSW工法では、湿気を通さない高性能断熱材(硬質ウレタンフォーム)と乾燥を促す外壁通気構造で、構造体の腐食を防いでいます。

method_16


このページのトップへ